ママ育児中top

中耳炎 - 赤ちゃんのかかりやすい病気

中耳炎

中耳炎は大きくわけて
急性中耳炎と滲出性中耳炎があります。

■急性中耳炎
のどについた細菌が耳間を通って
耳腔に入り菌が繁殖する病気。

■滲出性中耳炎 急性中耳炎にかかり
抗生物質によって菌を殺したあと、
のこった膿が異物になりアレルギー反応がおきます。
その時にでる反応物質が耳腔にたまってしまう病気

中耳炎の原因

生後6ヶ月〜5才までに多く見られ、
主な原因は風邪のウィルスや細菌が入り込み
耳間を通って粘膜に感染し炎症をおこします。
細菌がいっぱいの黄色い鼻水がでた時は注意をしましょう。
「高熱が続いたら中耳炎を疑え」といわれるほど
風邪から中耳炎になるケースが多いです。

中耳炎の症状・経過

かぜをひいて機嫌が悪くなったり、
耳をさわってサインをだしたりします。
頭を左右にふったり夜泣きが酷くなったりする事もあります。
高熱の原因が小児科でわからなかった場合も
念のため耳鼻科を受診した方がいいでしょう。
周囲の人が早めに気付いてあげる事が大切です。

中耳炎のケア

軽いうちであれば抗生物質をのむ事で治ります。
すぐに炎症もおさまり痛みもやわらぎます。
しかしすぐに抗生物質の服用をやめると急性中耳炎が
長引いて急性中耳炎から滲出性中耳炎に移行したり
滲出性中耳炎が慢性化したりしますので注意が必要です。
中耳炎の予防としては、かぜが原因でかかる事が多いので
鼻水は市販のスポイト(ママ鼻吸ってなど)でこまめにとってあげる事が大切です。



「かぜ症候群」
「突発性発疹」
「水ぼうそう」
「中耳炎」
「気管支炎・肺炎」
「手足口病」
「ヘルパンギーナ」
「結膜炎」
「ロタウィルス下痢症」

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top