おしゃれベビー服
なら赤すぐnet
ママ育児中top

ヘルパンギーナ - 赤ちゃんのかかりやすい病気

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの原因

のどの奥に粘膜疹ができ、
高熱をだす症状のかぜを
ヘルパンギーナといいます。
エンテロウィルスの中の
コクサッキーA型ウィルスが
原因で夏に流行ります。

ヘルパンギーナの症状・経過

高い熱と喉の痛みが特徴。
痛がって食欲がなくなり
不機嫌になる事もあります。
鼻水や咳もでます。
ケイレンなどの症状がでれば
急いで受診しましょう。
高熱と喉の痛み以外は
症状も軽く心配するほど
重い病気ではありません。
熱も2、3日で下がり
のどの痛みも
自然にひいていきます。

ヘルパンギーナのケア

まずは病院へ受診しましょう。
症状はかぜと同じなので
以下の事に気をつけましょう。

@水分補給
熱があると汗をかき
水分不足になります。
欲しがるだけ
飲ませてもいいでしょう。
(母乳・ミルク・白湯・麦茶・果汁など)

A温度管理 汗を沢山かくと
体力を消耗します。
汗をかかない程度の
温度にしましょう。
(18〜20度くらい)

B汗をかいたら
着替えをこまめに

C外出は避けましょう。



「かぜ症候群」
「突発性発疹」
「水ぼうそう」
「中耳炎」
「気管支炎・肺炎」
「手足口病」
「ヘルパンギーナ」
「結膜炎」
「ロタウィルス下痢症」

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top