ママ育児中top

器官支炎・肺炎 - 赤ちゃんのかかりやすい病気

器官支炎・肺炎

器官支炎・肺炎の原因

気管支炎・肺炎は器官支や肺に
ウィルスや細菌が感染して炎症をおこす病気です。
赤ちゃんや幼児は、かぜをこじらせて
炎症が喉にとどまらず、
器官支や肺にまでおよんで
器官支炎・肺炎になる事が多いです。

器官支炎・肺炎の症状・経過

■器官支炎 最初に乾いた咳、
だんだんと痰(タン)がからんだ
湿った咳になっていきます。
かぜをこじらせこうした咳が出た場合
気管支炎を疑いましょう。
肺炎になる一歩手前です。
「ヒューヒュー」「ゼーゼー」と胸がなる事もあります。

■肺炎 器官支炎の症状が
肺まで進むと肺炎になります。
ウィルス性の場合はだいたい
かぜ症状からですが、
細菌性の場合は
発熱から始まる事もあります。

器官支炎・肺炎のケア

ウィルスが原因の場合、
特効薬がないのでこじれるのを防ぎ、
自分の体力で治るのを待つ
対症療法が中心になります。
受診して医師の指示を仰ぎましょう。
細菌性の肺炎の場合、
急速に症状が進むので
入院治療が必要です。



「かぜ症候群」
「突発性発疹」
「水ぼうそう」
「中耳炎」
「気管支炎・肺炎」
「手足口病」
「ヘルパンギーナ」
「結膜炎」
「ロタウィルス下痢症」

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top