グチが笑顔になる 
明るいママコミュ
ママ育児中top

出産育児赤ちゃん子育て支援
ママは育児中

腸重積症 - 赤ちゃんこどもの病気

腸重積症って?

腸重積症とは、腸の一部が同じ腸の中に
めくれ込んでしまい、腸閉塞を起こす病気です。
起しやすいのは生後3、4ヶ月〜1才くらい。
原因ははっきりとわかっていませんが、
突発性のものはウイルスが関係しているようで
風邪が治ったあとに起りやすいく、どちらかというと
太めの赤ちゃんに多い傾向があります。
最初のサインは突然の不機嫌やぐずりなどで
痛みが強いときには普段とは違う激しい泣き方をしたり、
顔色が悪くなったりします。
いきなり吐くという症状で始まることもあります。
その後、こんどは血便が出ます。
最初のうちは粘膜と血液が便の表面についた状態ですが、
次第にイチゴジャムのような真っ赤な便の変わります。
ほおっておくと重なった内側の腸に血液がいかず
壊死を起してしまうので「おかしいな」と感じたり
赤ちゃんが泣き疲れてぐったりしているようなら
急いで病院に行きましょう。

腸重積症のケア・予防接種

病院ではまず超音波やX線で腸閉塞の程度を確認します。
治療の基本は浣腸で、空気や薄いバリウムを
肛門から腸内に入れ重なり合った腸内を元に戻します。
腸閉塞の程度にもよりますが、基本的には
発症から24時間以内に浣腸を行えば大丈夫。
ほとんどは無事もとに戻り、わりと簡単に治った場合は
翌々日から離乳食も普通に食べられます。
なかには原因が見当たらないのに、腸重積症を2〜3度
繰り返すということもありますが、1才を過ぎるとケロッとよくなって
しまうことがあるので、しばらくは様子を見ましょう。

消化器の病気

腸重積症
急性腸炎
幽門狭窄症

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top