おしゃれベビー服
なら赤すぐnet
ママ育児中top

赤ちゃんこどもの熱性ケイレン

熱性ケイレンって?

けいれんはひきつけと表現され、
急に目をつり上げ、白目をむき、
手足を突っ張り、全身を
反り返らしてガクガクします。
100人中5人のこどもが経験するとされ
珍しくはありません。
ケイレンの原因には色々あり、
髄膜炎や脳炎、脱水症状でも
ケイレンを起こします。
熱性ケイレンは
「乳幼児の発熱時におきるケイレン」
とされ必ず熱が伴います。

熱性ケイレンのケア

ケイレンが起きたらあわてずまず
目、腕、足の状態、ケイレン時間、
その後寝るかどうかを見てください。
熱性ケイレンなら左右の手足は同じように硬直します。
時間は数分くらいです。
おさまった後は1、2時間、
夜中なら朝まで寝てしまいます。
あわてて抱いたりゆすったりすると
ケイレン後睡眠がとれず
1回ですむケイレンが2回おきたりします。
熱性ケイレンの場合はあわてて
病院に行く必要はありません。
しかし、手足が左右対称ではない。
ケイレンが10分以上続いている。
ケイレン後睡眠の後にも体のどこかがマヒしている。
などの場合は急いで病院へ行きましょう。

脳や神経の病気

熱性ケイレン
てんかん
髄膜炎

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top