ママ育児中top

溶連菌感染症 - 赤ちゃんこどもの病気

溶連菌感染症って?

溶連菌そのものはありふれた細菌で、
赤ちゃんが感染する事はほとんどなく、
発症は幼児や学童が中心。
潜伏期は2〜3日で、 くしゃみや唾液などでうつります。
主な症状として、発熱・喉の はれや痛み・嘔吐・頭痛・腹痛などがあり、 その後赤い細かい発疹が全身にたくさん出ます。
しかし、口の周りだけは 赤くならず、青白く見えるのが特徴です。
こうした症状は学童期の子どもに典型的なもの。
3才以下の子が感染した場合、 熱や発疹が出ない事も多く、
最初は風邪と見分けにくかったり、 のどの痛みは扁桃腺と似ているので、
2日以上のどが真っ赤に腫れて痛むときや、
高熱が下がらないときは、小児科を受診しましょう。

溶連菌感染症ケア

治療は、菌に有効な抗生物質を使います。
これで熱は1〜2日で下がり、喉の痛みや発疹も、
一週間以内に治まりますが、 完全に菌が消えたわけではありません。
2〜3週間後に急性腎炎や リウマチ熱などの合併症が 出てくることもあるので、
医師が「もう大丈夫」というまで 抗生物質を指示通り きちんと服用しましょう。

風疹
はしか
おたふくかぜ
伝染章紅班
咽頭結膜熱(プール熱)
溶連菌感染症

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top