おしゃれベビー服
なら赤すぐnet
ママ育児中top

出産育児赤ちゃん子育て支援
ママは育児中

幽門狭窄症 - 赤ちゃんこどもの病気

幽門狭窄症って?

幽門とは胃の出口、十二指腸につながる部分。
ここの筋肉が厚くなり、ミルクなどの通りが悪くなる病気です。
正しくは「肥厚性幽門狭窄症」といいます。
症状が出てくるのは生後2〜3週間頃からです。
もともと赤ちゃんは吐きやすいものですが、幽門狭窄症の赤ちゃんの場合は一度嘔吐が始まるとだんだん強くなり、最初は1日1〜2回だったのが、4〜7日するとおっぱいのたびに噴水のようにピューッと吐くようになります。
この病気は先天的に幽門が厚い、ホルモンが関係しているなどといわれていますが、はっきりとした原因はわかっていません。
日本では1万人に5〜7人とも言われており、けして珍しい病気ではありません。

幽門狭窄症のケア・予防接種

噴水状の嘔吐があるときは1ヶ月健診を待たずに小児科を受診しましょう。
いまは手術するのが主流で、厚くなった筋層に切れ目を入れて開く方法で1週間ほどの入院ですみます。
手術後は早くから普通にミルクも飲めるようになりますし、退院する約1週間頃には必要なミルクの量も飲め、体重増加も普通になります。

消化器の病気

腸重積症
急性腸炎
幽門狭窄症

ママ育児中 - 子育て、育児相談

ママ育児中top