ママ育児中top

自動歩行反射 0ヶ月 赤ちゃんの成長

自動歩行反射

首が座っているがまだ歩けない赤ちゃんのわきの下を支えて、足の先を床につけるとツンツンとつっぱったり、 足をあげ歩くような行動をとります。
これを自動歩行反射と言い、これは赤ちゃんがまだ歩けない頃からも歩こうとする本能のあらわれだと思われます。
この様な反射を見ると、子供が歩く姿を早く見たいと歩行練習させるお母さんもいらっしゃいます。
しかし、赤ちゃんは時期がくれば必ず歩きますのであせらず赤ちゃん自身のペースを大切にしてあげてくださいね。


■0ヶ月
〜この頃の赤ちゃん〜
「泣いて自己表現」
「モロー反射」
「ママの指をギュッ」
「足も握ります」
「吸綴反射」
「非対称性緊張性頸反射」
「おへそ」
「おしり」
「視力」
「聴覚」

ママ育児中 - 子育て、育児相談