ママ育児中top

しつけの基本 1才6ヶ月 赤ちゃんの成長

しつけの基本

基本的な行動が一通り出来るようになったら、次は人間社会で受け入れられるためのルールを教えていかなければなりません。
これがいわゆる「しつけ」です。
しつけについては、どの時期からどういう方法で行うというマニュアルはありません。
それぞれの家で、わが家流のしつけをするしかないのです。
ただ、子どもは親のやることを模範しますから、日常生活の全てがしつけに結びつきます。
しつけの第一歩は、ママやパパが子どもにまねされても恥ずかしくない行動をとることでしょう。


■1才6ヶ月
〜この頃の赤ちゃん〜
「手指の機能」
「音の違い」
「小走り」
「幼児食」
「積み木で遊ぶ」
「絵本に興味」
「ボールをなげる」
「指しゃぶり」
「発達の個人差」

ママ育児中 - 子育て、育児相談