ママ育児中top

立体的な世界 4ヶ月 赤ちゃん成長

立体的な世界

いままでは、1日の大半を寝た姿勢で過ごし、見える世界は平面的なスクリーンのようなものでした。
ところが首がすわってたて抱きが出来るようになると、赤ちゃんの目に映るのは、3次元の立体的な世界に変わります。
これは赤ちゃんにとって、たいへんな変化です。
奥行きや高さのある世界を初めて体験し、その中で自分の体の一部である手や足を見たり、手で物を持ったり、なめたり…そして動いているのは自分の体だということが、はっきりわかるようになるのです。


■4ヶ月
〜この頃の赤ちゃん〜
「第二段階」
「何でも口に」
「よだれ」
「寝返りの準備」
「引き起こしてみよう」
「視力」
「手のひらの感覚」

ママ育児中 - 子育て、育児相談